第2章 中学、高校で経験した3つの自己処理と苦労

 

 

 

春期って多感な時期なので、

 

自分のコンプレックスが気になったり、

他人と比べて嫌になったりしませんか??

 

 

私も中学や高校の頃には、

自分の体毛やムダ毛が濃いことで思い悩む日々が続きました。

 

 

 

中学時代の脱毛クリームでの自己処理

 

小学生の頃に自分の体毛が濃いことに気がつき、

それが恥ずかしいことだと認識した私。

 

 

好きだった男の子にも毛が濃いことが知られてしまい、

不幸のどん底状態でした。

 

 

そんな私が中学時代に体験した、

ムダ毛の恥ずかしいエピソードを語っていきます!!

 

 

中学に進学すると同時に、私は思い切ってある行動に出たんです。

 

それは、

 

 

ムダ毛を自己処理すること!!

 

 

 

中学に進学するタイミングであれば、

私が毛深いことを知っている友達やクラスメイトも少ないはず。

 

 

体毛の濃い自分から生まれ変わるには、

この時期しかないと考えていたんです!!

 

 

まず私が挑戦したムダ毛の自己処理は、

ムダ毛の脱色クリーム!!

 

 

体毛の色を明るく脱色することで、目立たないようにするんです。

 

 

緊張しながら腕にフサフサと生えたムダ毛に

クリームを塗って脱色していきます。

 

「これを塗れば私の人生はバラ色だ!!」

 

 

そう思いながら指定の放置時間を終え、

脱色が終わった自分のムダ毛を見てみると、

 

 

「ムダ毛の色は薄くなっているけど、

毛が生えていることには変わりない!!」

 

脱色クリームは色を変えるだけであり、肝心のムダ毛が無くなる訳ではありません。

 

 

元々体毛が薄い人や毛が細い人にはオススメですが、

剛毛で毛深い私にとっては気休め程度の結果となりました。

 

中学時代に行った脱毛シートでの自己処理

 

 

脱毛クリームでは満足しなかった私が次に挑戦したのが、

脱毛シートです!!

 

 

湿布のような形をしてる粘着質のシートで、

肌に貼って一気に剥がすことで体毛を抜くというもの。

 

当時の私にとっては、

少しハードルが高い自己処理方法でした。

 

 

というのは、使い方を見ているだけで痛そうだって思いましたし、

生えてきたらその都度使わないといけなかったからです。

 

でも小学生の頃に味わった体毛への憎しみを思い出し、

奮起しながら脱毛シートを使ってみました!!

 

 

湿布状のシートを腕や足に貼ってしばらく放置します。

 

 

その後一気に下からシートを剥がしてみると、

シートに隙間なくビッシリとムダ毛がくっついているではありませんか!!

 

 

ムダ毛がなくなった自分の肌を見てみると、

シートを使った部分だけツルツルになっていました。

 

 

生まれて初めて体毛のない自分の肌を見て、

思っていた以上に肌が白かったことにも驚きましたね!!

 

こうして私の中学時代には欠かせない存在となったのが、

脱毛シートなんです。

 

 

念願の毛のない肌を手に入れることができ、

毎日がウキウキでした!!

 

 

脱毛シートを使うペースは1週間に1回程度。

 

 

週末になると、チクチクとムダ毛が生えてくることが苦痛でしたが、

ムダ毛があった頃に比べたら我慢もできました。

 

思春期真っ只中!高校時代に私が行った自己処理方法

 

 

中学時代は脱毛シートを愛用していた私ですが、

高校生になり思春期に突入しました。

 

 

もっと可愛くなりたい、

もっと綺麗になりたいという願望が更に高まっていきます。

 

脱毛シートでは3日ほどでムダ毛が生えてきてしまって、

肌を触るとチクチクとする感触がとても気になりました。

 

 

そこで高校生だった私は、

自己処理の次のステップへと歩み始めるのです!!

 

私が高校時代に行った自己処理方法は、

シェーバーで剃ること!!

 

 

女性の大半は、

シェーバーやカミソリで自己処理をされている方が多いと思います。

 

 

高校生だった私にとって、

大人の女性が使う道具という認識だったので、

 

嬉しさ半分、ドキドキ半分でした。

 

 

シェーバーで体毛を剃るのは簡単だし経済的だったので、

腕や足以外の部分のムダ毛も手入れをするようになりました。

 

うなじやもみあげ、指やお腹や脇など。

 

 

当時の私はムダ毛は天敵だと思っていたので、

自分でシェーバーで剃れる部分は徹底的に剃っていったんです。

 

 

しかしながら、シェーバーで剃ることによって、

ある一つの問題が発生しました。

 

それは、

 

脱毛シートよりも生えてくるムダ毛がチクチクと気になること!!

 

 

脱毛シートの場合は根元から抜くので、

新しく生えてくる毛はシェーバーに比べて柔らかいように感じるんです。

 

しかしシェーバーの場合、

肌と並行に毛を切っていくので生えてくる毛の断面が広くなります。

 

 

そのためシェーバーで自己処理した時の方が、

毛深くなったとか毛が硬くなったと感じることが多いんですよね~。

 

 

こうして高校時代の私は、

 

毎日のようにシェーバーでムダ毛を処理することで、

体毛のない肌をキープしていました。

 

 

 

様々な自己処理を経験して思ったこと

 

 

今思い返してみると、

自分のムダ毛に対する執念や思いって相当強かったんだなって感じます。

 

全身脱毛のサロンに通うまで、自己処理で様々な経験をしてきました。

 

でも自己処理はケアも大変だし、

ムダ毛はエンドレスで生えてきてしまうので終わりがないんですよね。

 

 

また肌に負担をかけることも多く、

乾燥しやすくなったりひび割れの原因にもなってしまいます。

 

 

その点、脱毛サロンでは肌のケアまで行ってくれるし、

自己処理よりも肌への負担が少ないのが良いんですよね!!

 

 

私が実際に感じたのは、

 

自己処理よりも脱毛サロンの方が、

圧倒的に綺麗に脱毛ができるということです。

 

 

第3章 大学脱毛デビューに至る苦悩と決断をノンフィクションで語る へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です