毛深い私はハイヒールを履く資格がない?脱毛でトラウマを克服!

 

こんにちは、りんです。

 

女性なら誰もが憧れるハイヒール。

 

知的でカッコいいキャリアウーマンが履いているイメージが強いですよね!!

 

 

男性並みに毛深い私は、

ハイヒールを履く資格がないと思っていました。

 

 

私が全身脱毛をしてから、

満を持してハイヒールデビューをした体験談について語っていきます。

 

 

ハイヒールが履けない足ってどんな足?毛深い私が諦めたハイヒールのトラウマ

 

 

みなさんはハイヒールを履くことに抵抗はありませんか??

 

私は社会人になるまで、

ハイヒールを履いた経験がほとんどありません。笑

 

 

ファッションに興味がない訳ではなく、

ある深刻な理由からハイヒールを履きたくても履けなかったんです。

 

 

それは、ハイヒールを履くための綺麗な足を持っていなかったから!!

 

一見簡単に克服できそうな理由に見えますが、

私にとってはハードルの高い超えられない壁なのです。

 

 

私が思うハイヒールが履ける綺麗な足というのは、

ムダ毛がなく毛穴が見えない足のこと。

 

 

「ムダ毛なんて自己処理をすればいいじゃない!!」

と思われるかもしれませんが、

私の場合は簡単には解決しませんでした。

 

 

子供の頃から毛深くて、

手の平と足の裏以外は全て体毛が生えていた私。

 

 

大げさに表現している訳ではなく、

本当にチンパンジーやゴリラのような毛の多さだったんです。笑

 

 

そのため、

小学生の頃から男子に毛深いことをからかわれ涙を流す日々もありました。

 

 

いつしか私は自分のことを

「恥ずかしい存在」だと思い始めたのです。

 

 

そんな私も高校生になった頃、

同級生の女子達の間では安室奈美恵さんのような、

アムラーファッションが流行していました。

 

 

アムラーファッションの特徴といえば、

ミニスカートに厚底サンダルやハイヒールでヘソ出しルック!!

 

 

今では見かけることは無くなりましたが、

当時は渋谷や原宿の女子高生達はみんなアムラーだったんです。

 

 

毛深いことがコンプレックスな私にとっては、

アムラーファッションなんてお願いされても着られないと思っていました。

 

 

隠したいムダ毛が見られてしまう可能性があったからです!!

 

 

しかし思春期の私は、

アムラーファッションは無理でもオシャレになりたいと思っていました。

 

 

そこで私が考えたのが、

流行のハイヒールを履いてオシャレ度をアップさせる作戦!!

 

 

足元だけだったらムダ毛も気にならないし、

ヒールを履くと身長も高くスタイルが良く見えるので一石二鳥。

 

 

私はハイヒールにジーンズというコーディネートで、

友達と渋谷に繰り出しました。

 

 

しかし友達から衝撃的な一言を言われたんです。

 

 

「ジーンズにハイヒールは可愛くないよ!!

やっぱりミニスカートにハイヒールでしょ!!」

 

 

当時はアムラーファッションが流行していたため、

ジーンズよりもミニスカートのコーディネートが可愛いとされていた時代。

 

 

身長が小さめな私はジーンズが似合わなかったんです。

 

 

友達に勧められるまま、

私は渋谷でハイヒールに合うスカートを購入することになりました。

 

 

なりゆきでスカートに履き替えることになり、

更衣室で着替える私。

 

そこで気になったのが、足のムダ毛なんです!!

 

 

でも幸いなことに前日にシェーバーで足の毛を剃っていたので、

ムダ毛を見られる心配はありません。

 

 

毛深いことを知られるリスクがなくなった私は、

意気揚々とミニスカートとハイヒールを履いて登場!!

 

 

人前で足を出すファッションをするのは、

体育の授業以来でしょうか??笑

 

 

しかししばらく友達とウィンドウショッピングを楽しんでいると、

思いもよらぬ指摘をされました。

 

 

「結構毛深いんだね…」

 

 

一瞬私は何を言われたのか分からなくなるほど大混乱!!

 

足のムダ毛は処理をしていたはずなのに、

なぜ毛深いことがバレてしまったのか分かりませんでした。

 

 

しかし自分の足をよく見てみると、

ポツポツと黒い毛穴が目立っているではありませんか!!

 

特に太ももの裏側にはムダ毛がびっしり!!

 

 

自分で毛を剃るのが難しい部分なので、

剃り残しがあったんです。

 

 

そこからというもの、

私はハイヒールを履くことを諦めました。

 

 

毛深い自分はハイヒールを履く資格がないとまで思ってしまったんです。

 

 

同時に自分でムダ毛を自己処理することの限界を知りました。

 

 

綺麗に剃ったつもりでも手が届きにくい部分が多く、

剃れば剃るほど毛穴も目立ち肌が荒れて行ったのです。

 

 

全身脱毛で変わった私とハイヒールの関係

 

 

毛深い自分にはハイヒールや流行のファッションは似合わない。

 

そんな風に諦めていた私は、

大学生になり全身脱毛を始めました。

 

 

自己処理は限界があり、

剃り残しや毛穴が目立つなどのデメリットが多いように感じたんです。

 

 

一生毛深い自分を負い目に生きていかないといけないのか??

 

そう考えた時に、

永久的に脱毛できる全身脱毛と出会いました。

 

 

全身脱毛に通い始めてからは、

脱毛をするごとに自分のムダ毛がなくなっていく実感が持てたんです。

 

 

それだけでも嬉しかったのですが、

ムダ毛がなくなると同時に毛穴が小さく目立ちにくくなっていきました。

 

 

自己処理で毛を剃っても毛穴が黒く目立ち、

足を出すファッションはしてこなかった私。

 

 

全身脱毛と出会い、

徐々に足を出すファッションにも挑戦できるんじゃないかと思い始めたんです。

 

 

こうして私とハイヒールの関係が変わり始めました。

 

 

ハイヒールを履く資格がないと思っていた私が、

ハイヒールを履いてみたいという気持ちに変わったんです。

 

 

ムダ毛が気になってファッションに制限をかけている女性は、

意外と多いのではないでしょうか??

 

 

特に足や腕の毛は目立つし、

触り心地もチクチクしてガッカリしますよね。

 

 

自分が好きになれる体を手に入れれば、

新しい世界が開けます!!

 

 

私はコンプレックスだったムダ毛を全身脱毛でなくすことで、

魅せられる足を手に入れました!!

 

 

男性並みに毛深い私がハイヒールデビューをした奇跡

 

 

全身脱毛に2年間通った私の足は、

脱毛前と比べると別人のように綺麗になりました。

 

 

特に足のスネの毛がツルツルになっているのを見ると、

今でも嬉しくてニヤけてしまう自分がいます。笑

 

 

自己処理をしていた時は、

足を逆なでするとチクチクと毛の感触があり、

無数の毛穴が目立っていました。

 

 

しかし脱毛後は、足を触っても毛の感触はないし、

毛穴も綺麗に見えなくなっているんです!!

 

 

脱毛のビフォーアフターで生まれ変わった私の足は、

人に自慢できるツルツルな肌になりました。

 

 

脱毛後の私の生活は、様々な面で一変したんです。

 

 

今まで毛深いが故に、

消極的になっていた運動も始めるようになったし、

 

ファッションだって自信を持って、

半袖やノースリーブを着るようになりました。

 

 

そして社会人となった私は、

ついに自分のトラウマであるハイヒールと対峙する時がやってきたのです!!

 

 

働く女性にとっては、

ハイヒールを履いて仕事をするって憧れですよね!!

 

 

実際にキラキラ輝いて仕事に打ち込んでいる方って、

みんな足元は素敵なハイヒールを履いているんです。

 

 

まさに働く女性の必須アイテム!!

 

 

社会人になった私ももちろん、

ハイヒールを履いて颯爽と仕事をしている自分の姿を想像していました。

 

 

高校時代に毛深いことでハイヒールを履く資格がないと思い、

友人にムダ毛を指摘される恥ずかしい体験をした私。

 

 

全身脱毛を経てツルツルになった今の私にとっては、

ハイヒールなんて怖くない!!笑

 

 

念願のハイヒールデビューを果たした時は、

不覚にも自分自身に感動してしまいました。笑

 

 

こうして男性並みに毛深い私が全身脱毛で毛のない肌を手にし、

ハイヒールのトラウマを克服することができたんです。

 

 

コンプレックスは克服できる!

 

 

みなさんが抱えるコンプレックスって人には理解されなかったり、

深刻な悩みだと受け止めてもらえないこともありますよね。

 

時には心のない一言がトラウマになってしまう場合もあります。

 

 

しかしコンプレックスは克服できます!!

 

 

私の場合は全身脱毛がトラウマを克服させてくれたし、

私の人生の転機だったと感じています。

 

 

そう考えると、

全身脱毛をして本当に良かったです!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です